【情報分析研究会】立憲民主党:中谷一馬衆議院議員 「規制改革提言の実現に向けた意見交換会」

投稿 [ Blog ]

いつも、救国シンクタンクの投稿記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
この投稿記事は会員の皆様に送られるメルマガの一部をご紹介しています。
今号は5月26日に行われました情勢分析研究会のご紹介です。

 

今回の情勢分析研究会には、立憲民主党の中谷一馬衆議院議員をお迎えして、
規制改革提言の実現に向けた意見交換会を行いました。

 

メルマガでは情勢分析研究会の内容の抜粋を紹介しました。
下記にメルマガの一部を掲載いたします。

 

―――――

中谷一馬衆議院議員規制改革提言の実現に向けた意見交換会 

 

■第四次産業革命がもたらす「Society 5.0」時代は人々の暮らしを大きく変える
・デジタルネイティブ層の政治家は極めて少ない
・この世代がデジタル政策に関して担う必要がある

■社会をアップデートする3つの規制改革
1インターネット投票
2デジタル民主主義
3メタバースとWeb3

■今の投票制度が不便・不合理だからインターネット投票を実現したい
■インターネット投票が実現された社会
■規制改革を進めてインターネット投票で民主主義をアップデート

―――――

中谷一馬衆議院議員は2021年8月6日に開催した
【救国シンクタンク~規制改革フォーラム】にご登壇いただき
インターネット投票についてもお話いただきました。

中谷一馬衆議院議員は昨年、ネット投票推進法案を提出されています。

◇立民・国民、ネット投票推進法案を提出

立民・国民、ネット投票推進法案を提出
立憲民主党と国民民主党は11日、インターネット投票の導入に向けた法案を衆院に提出した。政府に会議体を設け、法施行1年後をメドに制度、技術面の課題の検討を義務付ける。立民の中谷一

 

フォーラムの概要はこちらの投稿記事をご覧ください。

救国シンクタンク「規制改革フォーラム」の概要をお届けいたしました。
本日のメールマガジンでは、8月6日(金)にオンラインにて開催した「規制改革フォーラム」の概要をお届けしました。 当日にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。 ※フォーラムのアーカイブ動画は会員限定でいつでもご...

フォーラムのダイジェスト版は下記の動画になります。

救国シンクタンク 2021.8.6規制改革フォーラム

ダイジェスト版「規制コストの総量削減は中小企業支援策」

https://www.youtube.com/watch?v=Lh2phKVlWEE

 

※画像は2021年8月6日【救国シンクタンク~規制改革フォーラム】より

 

ご入会いただくとメルマガをお届けいたします。貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。どうかこの機会にご入会をご検討ください。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/
【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、
ご入会の手続きをお願いいたします。

 

 

********************

【オンライン公開研究会のお知らせ】

次回は6月2日(木)18時からオンライン公開研究会を開催いたします。

 4月21日のオンライン公開研究会は、
《ウクライナを巡る環境政策「日本、米国、中国」》をテーマに開催しました。
《全編を一般公開》して、会員以外の方にもリアルタイムでご参加いただきました。

YouTubeライブ配信のアーカイブはこちらです。

ウクライナを巡る環境政策 日本・米国・中国 救国シンクタンク【2022年4月21日】オンライン公開研究会 Youtubeライブ

https://www.youtube.com/watch?v=N2ubueIF5wg

 

********************

【第4回救国シンクタンクフォーラム「研究成果発表:テーマ〈ウクライナとレジ袋〉」】

2022年5月7日(土)第4回救国シンクタンクフォーラム「研究成果発表:テーマ〈ウクライナとレジ袋〉」を会員の皆様のご支援によって無事に開催いたしました。

 

こちらはフォーラムの【ダイジェスト版】動画になります。

【救国シンクタンク】第4回シンポジウム「ウクライナとレジ袋フォーラム」ダイジェスト版 内藤陽介 江崎道朗 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満【チャンネルくらら】

https://www.youtube.com/watch?v=OQxWpcD4vJ0&t=2045s

 

会員の皆様は会員ページ《2022/5/14のメルマガ》に記載してある
限定公開動画のリンクからフォーラムをご視聴いただけます。
会員ページにログイン後、過去メルマガをご確認できます。

 

********************

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました