第51回研究会を開催しました

投稿記事

本日は第51回研究会を開催しました。

会員の皆様には開催速報として、議事概要と倉山満所長の所見をメルマガにてお送り致しました。

本日は定例の研究会とあわせ、情勢分析研究会を開催しています。

週毎の注目ニュースは、国内政局の動きや米中会談を中心に幅広く取り上げられました。

注目ニュースの内容と、研究員による追加ニュースは明日配信のメールマガジンでご紹介する予定です。

情勢分析研究会では二名の発表者をお招きし、倉山所長を交えた共同研究発表が行われました。

お一人は、以前にも情勢分析研究会でコロナ禍での医療現場の実際と必要な対策をお話し頂いた、医師の了徳寺剛先生です。

もうお一人は、チャンネルくららにもご出演されている、弁護士の横山賢司先生です。

横山先生から「現状の医療体制に関する法令の分析と行うべき政策の検討」、了徳寺先生からは「NP(ナース・プラクティショナー)概略」と題して、それぞれお話を伺いました。

 

昨年10月の了徳寺先生のご発表は、10月29日のメルマガで概要をお読み頂けます。

【情勢分析研究会】 新型コロナウイルスと指定感染症法
本日のメールマガジンは、10月27日に了徳寺大学副理事長で医師の了徳寺剛先生をお呼びして開催した第10回情勢分析研究会の要旨をお送りしました。 当日は「指定感染症法で定められた新型コロナウイルス感染症2類相当を5類へ変更することの実現...

 

チャンネルくららで横山弁護士ご出演の「財務省ウォッチング」も、あわせてぜひご覧ください。

横弁先生の「財務省ウォッチング」 倉山満【チャンネルくらら】

横弁先生の「財務省ウォッチング」 倉山満【チャンネルくらら】

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました