江崎道朗メルマガ「アベノミクスのおかげで防衛費増加も実現できた」

投稿 [ Blog ]

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 22/12/28号◆◆

 

評論家の江崎道朗です。

「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点から毎回、政治的課題について書いていこうと思います。

 

岸田政権が2022年12月16日、国家安全保障会議及び閣議において国家安全保障戦略三文書を決定し、併せて2023年~2027年度までの防衛関連経費の総額を43兆円程度とすることを閣議決定しました。これは、現行の中期防衛力整備計画(19年度からの5年間)の総額27兆5,000億円のざっと1.6倍、金額にして15兆5千億円増《年平均で3.1兆円増》と、過去最大の増額になります。

 

この財源について岸田総理は以下のように説明をしています。

《5年間かけて強化する防衛力は、令和9年度以降も将来に向かって維持・強化していかなければなりません。そのためには、裏付けとなる毎年度約4兆円の安定した財源が不可欠です。このため、私はこの春の通常国会から、防衛力強化の内容、予算、財源、この3つを本年末に一体的に決め、国民に明確にお示しするとの方針を一貫して申し上げてまいりました。

 安定的な財源として、財務大臣に対し、まずは歳出削減、剰余金、税外収入の活用など、ありとあらゆる努力、検討を行うよう厳命をいたしました。結果として、必要となる財源の約4分の3は歳出改革等の努力で賄う道筋ができました。残りの約4分の1の1兆円強については様々な議論がありました。》

https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2022/1216kaiken.html?fbclid=IwAR0U28p8C6nftwmEPNPlvmcLtwvroqAiZKS7X2skPXiJ3EWhodYuPOJmWf4

 

要は令和8年度(2026年度)までの増加分、15兆5千億円は《歳出削減、剰余金、税外収入の活用など》で、なんとか捻出できると説明したわけです。5年間分とはいえ、15兆5千億円もの予算を捻出できたのは、アベノミクスのおかげで経済が成長し、税収から増えてきたからです。

 

民主党政権であった2011年度の一般会計税収は42.8兆円(所得税13.5、法人税9.4、消費税10.2)でした。しかし、第二次安倍政権になると税収も急増し、2018年度(平成30年)には60.4兆円(所得税19.9、法人税12.3、消費税17.7)。そして、2022年度(令和4年)の税収総額は68兆3590億円(所得税20.4、法人税13.3、消費税21.6)と、3年連続で過去最大を更新する見通しです。

 

要は日本銀行による金融緩和を続けて設備投資を促していけば、景気は上向き、税収は自ずと増えていくわけです。

そしてこの10年で43兆円から68兆円と実に25兆円も税収が増えたから岸田政権は、令和8年度(2026年度)までの増加分、15兆5千億円を「増税」せずに捻出できたのです。言い換えれば、第二次安倍政権がデフレ脱却を掲げてアベノミクスを推進していなければ、岸田政権は防衛費を大幅に増加することなど出来なかったということです。

 

経済成長を続けてこそ防衛費を増やすこともできる。富国を実現してこそ強兵も成り立つのです。

 

ところが岸田政権は…

――――――――――

今回のメルマガは、アベノミクスによって税収が増加したことによって防衛費増加が可能になったことと、岸田政権の矛盾した金融・経済政策の動きについて、江崎道朗研究員が解説しています。
ぜひ、会員限定メルマガで全文をお読みください。

また、自民党安全保障調査会(小野寺五典会長)が4月26日に公表した「新たな国家安全保障戦略等の策定に向けた提言」と題する報告書に関する分析をメルマガで江崎研究員が書いてきましたが、その分析内容が一冊の本にまとまりました。
ぜひ宜しければご一読ください!

『日本の軍事的欠点を敢えて示そう』(かや書房)

https://amzn.asia/d/57GclQx

ご入会いただくとメルマガをお届けいたします。
貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/
【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、
ご入会の手続きをお願いいたします。

(文責:事務局)

 

********************

《救国シンクタンク第5回フォーラム〈~本当に大事な五つの論点~〉》

令和4年11月11日(金)開催のフォーラム動画視聴専用チケットの販売中です!

会員の皆様にはフォーラムを撮影した【限定公開動画】を配信しております。

メルマガに記載してあるURLにログインしてからご確認ください。

 

会員ではない方も下記のリンクより【動画視聴専用チケット】のご購入をいただけます!

第5回フォーラムは叢書にいたしません。ぜひ動画でご覧ください。

https://peatix.com/event/3411190?fbclid=IwAR3WP2cLVmK9JbWCcbQMs7QKV6a-fP9Sdbi9ZnE8ITAg3i244jcvL7eYDTY

※救国シンクタンク会員様と11/11(金)入場チケットを購入されたお客様には無償で同じ動画が配信されますので本チケットをご購入する必要はございません。

お求めの際は十分にご注意ください。

 

********************

【第二回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ】

第二回目となる今回は《「業績評価条例(旧・行政評価条例・政策評価条例)」のモデル条例アイディア》を論文として募集します!

※今回は推薦図書『「行政評価」の時代:経営と顧客顧客の視点から』に基づいた感想文形式の論文も募集いたします。

優れたアイディアに関しては、救国シンクタンクの『業績評価条例』のモデル条例案に取り入れることを想定していますので、奮ってご応募ください!

募集締切は〈令和5年1月31日〉です。

懸賞論文
第二回 救国シンクタンク懸賞論文 懸賞論文結果発表 第二回懸賞論文は厳正な審査の結果、下記の通り大賞1名、奨

第二回懸賞論文募集の特別告知 渡瀬裕哉

救国シンクタンク第二回懸賞論文募集のお知らせ!

********************

【オンライン公開研究会のお知らせ】

12月8日(木)18時00分からオンライン公開研究会を開催しました。

今回は郵便学者の内藤陽介先生と経済学者の柿埜真吾先生もご出演しています!

アーカイブはこちらです。

【全編公開】救国シンクタンク(2022年12月8日)ライブ 倉山満 江崎道朗 渡瀬裕哉 柿埜真吾【チャンネルくらら】

********************

《救国シンクタンク叢書 第2弾『大国のハイブリッドストラグル』のお知らせ》

叢書『大国のハイブリッドストラグル』は、2022年1月22日に開催した、第3回救国シンクタンクフォーラム「大国のハイブリッドストラグル新春2022」を基に書籍化しました。

〈Amazon〉

救国シンクタンク叢書 大国のハイブリッドストラグル: 大国は自己の権益を拡張せんと蠢いている | 救国シンクタンク |本 | 通販 | Amazon
Amazonで救国シンクタンクの救国シンクタンク叢書 大国のハイブリッドストラグル: 大国は自己の権益を拡張せんと蠢いている。アマゾンならポイント還元本が多数。救国シンクタンク作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また救国シンクタンク叢書 大国のハイブリッドストラグル: 大国は自己の権益を拡張せんと蠢いているも...

〈楽天ブックス〉

https://books.rakuten.co.jp/rb/17183857/

 

叢書化を記念した特別番組も宜しければご視聴ください。

戦争でも平和でもない状態〜ハイブリッド・ストラグルとは? 『大国のハイブリッド・ストラグル』江崎道朗 中川コージ【救国シンクタンク】

米国の価値観とは?『大国のハイブリッドストラグル』出版記念【救国シンクタンク】

********************

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました