第73回研究会を開催致しました

投稿記事

本日のメールマガジンは、「第73回研究会を開催致しました」をお届けしました。

 

研究会では、定例の活動報告、事務報告を行い、今後の予定を確認致しました。

週毎の注目ニュースでは、倉山満所長と中川コージ研究員のスクリーニングにより抽出された重要ニュースを確認しました。今週もニュース集積には、倉山塾の有志の皆様にご尽力いただいております。

 

会員の皆様には、後日メルマガにて注目ニュースの詳細について研究員コメント付きでお送り致します。

 

同日に行われた情勢分析研究会では、外部講師として明治大学公共政策大学院の田中秀明教授をお招きし、「政官関係とガバナンス~国際比較を通じて考える」と題してお話を伺いました。

 

 

また、最新のチャンネルくららの番組では村上尚己先生がFRBのテーパリング関係や韓国の若者の就業事情などを解説しています。

宜しければご視聴ください。

 

FRBテーパリングは早まる?米国株最高値!総裁選・衆院選後の景気回復シナリオは?!村上尚己のマーケットニュース 大橋ひろこ【チャンネルくらら】

FRBテーパリングは早まる?米国株最高値!総裁選・衆院選後の景気回復シナリオは?!村上尚己のマーケットニュース 大橋ひろこ【チャンネルくらら】

 

 

**********

 

現在、救国シンクタンクでは経済関係の調査員(リサーチャー)について、募集を開始しています。募集要項も公開致しております。

 

応募資格の「経済学の【博士号】取得か同等の能力があること。」を【修士号】に変更しました。詳細は下記のURLをご確認ください。

お知らせ
第一回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ 救国シンクタンクにて初の懸賞論文を募集いたします。 昨年のプロジェクト「緊急事態宣言発令の参考となる資料の公文書化」の重要性をさらに多くの方々にご理解いただくため以下内容にて論文を募...

 

**********

 

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました