救国シンクタンク注目ニュース 2021/7/29~2021/8/4

投稿記事

本日のメールマガジンは、「救国シンクタンク注目ニュース 2021/7/29~2021/8/4」を配信致しました。

 

救国シンクタンクでは、週毎の研究会で直近の国内外ニュースから注目したものを抽出し、研究員による確認とディスカッションを行っています。

ニュース集積は倉山塾有志のご協力により、今週も幅広く情報を集めて頂いています。

 

第69回研究会で注目した国内関係のニュースでは、皇室関連と新型コロナウィルス関連のニュースに注目しました。愛子内親王と旧宮家男子との結婚説に言及された記事とコロナ対策としてロックダウンの手法が検討されていることについて研究員が解説をしています。

 

国外ニュースでは、中国がアフガニスタンのタリバンと会談をしたニュースや 知財、ICT企業、教育関連への圧力を強めている中国共産党の動きを中国内でどのような受け止め方がされているのか分析解説しています。

その他にも欧州でAmazonへの制裁金が課されたニュース、米国関係では超党派のインフラ投資案が米上院で審議入りしたニュース、韓国の米軍基地に関するニュースについて研究員が分析し、コメントをしています。

 

会員の皆様には、ニュース一覧をメルマガに添付し、研究員による解説と追加ニュース、研究員コメントを添えてお伝えしました。

 

 

そして、こちらは昨日チャンネルくららにて配信した番組です。

刻一刻と変化をしている安全保障環境を伊藤俊幸元海将が解説しています。

対中国を中心に世界の動きにどのような変化が見られるのか、ぜひ番組をご視聴ください。

 

復活なるか?「日英同盟」桜林美佐の国防ニュース最前線 伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

復活なるか?「日英同盟」桜林美佐の国防ニュース最前線 伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

 

 

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました