第45回研究会を開催しました

投稿記事

本日は、第45回研究会を開催しました。

会員の皆様には、本日のメールマガジンにて研究会開催速報として概要をお送り致しました。

本日は、理事会、研究会、情勢分析研究会の連続開催となりました。定例の活動報告や予定の確認を行っています。週毎の注目ニュースでは、国際情勢を中心に抽出しました。今回、特に取り上げられたのは、ミャンマー情勢や、台湾の動き、トルコ、アメリカなどのニュースです。

注目ニュースの内容と、研究員による追加ニュース、コメント・解説は、後日配信のメールマガジンでご紹介する予定です。

また、本日は情勢分析研究会を開催し、慈恵医科大学の大木隆生教授を外部講師にお招きし、「COVID-19感染症に対するご提言について」と題してお話を伺いました。会員の皆様には、メルマガで倉山満所長の所見をお送りしていますので、ぜひご確認下さい。

本日の研究会後の動画では、大木先生のお話のポイントを端的にご報告頂いています。あわせてぜひご覧ください。

ゼロコロナよりウィズコロナ〜大木隆生教授をコロナ担当大臣に!【救国シンクタンク】

https://youtu.be/DY4vvkQiDd4

 

チャンネルくらら最新番組では、渡瀬研究員の司会で郵便学者の内藤陽介先生がトルコ周辺の情勢を詳しく解説しています。ロシアやトルコの動静は、今後より一層重要になってくると考えられますので、ぜひあわせてご覧下さい。

ナゴルノ・カラバフで勝利~エルドアンの軟化 内藤陽介の世界を読む 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】

ナゴルノ・カラバフで勝利~エルドアンの軟化 内藤陽介の世界を読む 渡瀬裕哉【チャンネルくらら】

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました