第34回研究会を開催しました

投稿記事

本日は、第34回研究会を開催しました。

本日の研究会では、定例のニュース分析の時間を使い、バイデン政権の政策について時間を使って検討を行いました。
日本であまり注目されていない社会主義的な政策は、我が国にも大きな影響を与えかねないという点で研究員の意見は一致しました。
バイデン政権への備えは、衆議院の解散総選挙の時期にも影響しそうです。

また、本日の情勢分析研究会では、外部講師として元陸上自衛隊西部方面総監の番匠幸一郎先生をお招きし、「我が国を取巻く戦略環境とこれからの安全保障への問題意識」というテーマでお話いただきました。
自衛官としての豊富な経験から、我が国の安全保障環境の変化とその課題を解説いただき、民間シンクタンクとして救国シンクタンクに何ができるかを議論しました。
分析の内容は今後の活動に活かして参ります。

救国シンクタンク会員の皆様には、詳しい議事要旨をメルマガでお届けしています。
過去のメルマガは、ご入会後、会員ページよりいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクにご支援いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました