【江崎道朗メルマガ】日本に軍事的自立を要求する米国の民間シンクタンク

投稿記事

江崎道朗研究員のメールマガジンでは、毎回「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点から、大切な政治課題について解説しています。

第11回となる本日は、「日本に軍事的自立を要求する米国の民間シンクタンク」と題し、リバタリアン系のシンクタンク「ケイトー研究所」の研究員ダグ・バンドウ氏の論考「同盟国の問題。それはいくつかの国と友達になるのをやめる時が来た(The Problem with Allies: It’s Time to Unfriend a Few Countries)」の内容を紹介しております。

バンドウ氏は「日本を友達から外す時が来た」と説き、日本の軍事的自立を求めますが、こういった議論は日本ではほとんど紹介されません。
本日のメルマガでは、この構造的問題から我が国の「自主独立のための選択肢」を考察しています。是非お読みください。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。
ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

文責:事務局

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました