【渡瀬裕哉メルマガ】規制改革の意義

投稿記事

本日の、メールマガジンは渡瀬裕哉の【「日本政治をアップグレードする方法」(11) 競争的企業研究所の取り組み】を配信しました。

日本でもアメリカでも、法律や政令によるさまざまな規制により、国民の自由な経済活動は阻害され、社会に経済的損失を与えています。
アメリカでは規制による経済的コストが公表されており、その結果を分析して「競争的企業研究所(Competitive Enterprise Institute)」というシンクタンクが、報告書をまとめているそうです。
今回のメルマガでは「競争的企業研究所」の取組みから、規制改革の意義についてあらためて考えます。

また、「競争的企業研究所(Competitive Enterprise Institute)」について渡瀬研究員がまとめたレポートも添付資料としてお送りしております。

次の自民党総裁に有力紙される菅義偉官房長官は規制改革を主要政策に掲げて総裁選に挑んでおり、わが国でも今後、規制改革は重要なテーマです。
今回のメルマガから皆様も「日本政治をアップグレードする方法」を一緒に考えていただければと思います。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンをいつでもお読み頂けます。
救国シンクタンクにご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました