【渡瀬裕哉レポート】アメリカ大統領選情勢分析(8月18日版)

投稿記事

11月3日の投開票に向け、アメリカ大統領選挙もいよいよ最終局面に入りつつあります。

世論調査の支持率で後れを取っているトランプ大統領は陣営の選挙対策本部長を交代し、これまでの選挙戦略を改めました。

一方、バイデン氏は副大統領候補に黒人女性のカマラ・ハリス上院議員を指名し、バイデン氏共々、先週の党大会で正式指名されました。

本日のメールマガジンでは、両陣営の最新の陣容と戦略を踏まえた渡瀬裕哉研究員によるレポート「アメリカ大統領選情勢分析(8月18日版)」を配信しました。

渡瀬研究員による、どこに注目すべきか要点を押さえた必携のレポートを是非お読みください。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。
救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

 

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

座席数が残り少なくなってきております。
参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました