安倍首相10月解散で「消費減税」?!

投稿記事

安倍首相が10月解散の大義名分に「消費減税」の検討を初めたのではないか、と一部で話題になっています。
一方、菅官房長官は定例の記者会見で「消費税は社会保障のために必要なものだ。引き下げは検討していない」と発言。

さて、国の財政を司る財務省官僚は、現在何を考えているのでしょう?

本日の、救国シンクタンク会員メルマガでは、「研究員レポート 財務省人事(分析編)」をお届けしました。
国の財政を司る財務省の幹部人事を分析することで、今後の経済政策の重要なポイントが見えてきます。

救国シンクタンクでは、民間から政策を提言し、普及、実現へと繋げていきます。

ご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。
ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンをいつでもお読み頂けます。

文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました