研究員の紹介

所長・理事長:倉山満

憲政史研究者
1973年(昭和48年)香川県生まれ。
中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士後期課程単位取得満期退学
国士舘大学日本政教研究所などを経て、現在は倉山塾塾長
ネット放送局「チャンネルくらら」主宰

主な著書に
『13歳からの「くにまもり」』(扶桑社新書)
「嘘だらけ」シリーズ(扶桑社新書)
『学校では教えられない歴史講義 満洲事変』(ベストセラーズ)
『ウェストファリア体制 天才グロティウスに学ぶ「人殺し」と平和の法』 (PHP新書)
『検証 財務省の近現代史~政治との闘い150年を読む~』 (光文社新書)
『誰が殺した? 日本国憲法! 』(講談社)
『桂太郎――日本政治史上、最高の総理大臣』 (祥伝社新書)
『日本史上最高の英雄 大久保利通』(徳間書店)
『世界一わかりやすい地政学の本 世界のリーダーの頭の中』(ヒカルランド)
『逆にしたらよくわかる教育勅語』(ハート出版)
など。

 

研究員・理事:江崎道朗

評論家
1962年(昭和37年)東京都生まれ
九州大学文学部哲学科卒業後、月刊誌編集、団体職員、
国会議員政策スタッフなどを経て2016年夏から本格的に評論活動を開始
主な研究テーマは、近現代史、外交・安全保障、インテリジェンスなど
社団法人日本戦略研究フォーラム政策提言委員
産経新聞「正論」執筆メンバー
2020年 フジサンケイグループ第20回正論新風賞受賞

主な著書に
『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社新書)
『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)
『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(第27回山本七平賞最終候補作、PHP新書)
『日本占領と「敗戦革命」の危機』(PHP新書)
『日本は誰と戦ったのか』(第1回アパ日本再興大賞受賞、ワニブックス)
『知りたくないではすまされない』(KADOKAWA)
『フリーダム』(展転社)
『天皇家 百五十年の戦い』(ビジネス社)
『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』(PHP新書)
など。

 

研究員・理事:渡瀬裕哉

1981年(昭和56年)東京都生まれ
2007年 早稲田大学大学院公共経営研究科修了
2008年 早稲田大学公共政策研究所招聘研究員就任
2017年 パシフィック・アライアンス総研株式会社代表取締役所長就任
2018年 事業創造大学院大学国際公共政策研究所上席研究員就任
日系・外資系ファンド30社以上にトランプ政権の動向に関するポリティカルアナリシスを提供する国際情勢アナリスト。ワシントンD.Cで実施される完全非公開・招待制の全米共和党保守派のミーティングである水曜会出席者、テキサス州ダラスで行われた数万人規模の保守派集会FREEPACへの日本人唯一の来賓者。

主な著書に
『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)
『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP研究所)
『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)
『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)
など。

タイトルとURLをコピーしました