情報分析研究会【オンライン公開研究会ライブ】 特別ゲスト:安全保障アナリストの部谷直亮先生ご登場

投稿 [ Blog ]

いつも、救国シンクタンクの投稿記事を読んでいただき誠にありがとうございます。

この投稿記事は会員の皆様に送られるメルマガの一部をご紹介しています。

今号は3月31日に行われたオンライン公開研究会のご紹介です。

 

当日は特別ゲストとして安全保障アナリストの部谷直亮先生をお迎えして、

オンライン公開研究会ライブを実施しました。

今回は全編を一般公開し、会員以外の方もリアルタイムでご参加いただきました。

 

YouTubeライブ配信のアーカイブはこちらです。

【全編公開!】救国シンクタンク(2022年3月31日)オンライン公開研究会 Youtubeライブ

https://www.youtube.com/watch?v=fnU9huJCoLw

 

メルマガではオンライン公開研究会ライブでの議論の一部を紹介しています。

下記にメルマガの一部をご紹介致します。

 

―――――

【22/3/31】オンライン公開研究会:テーマ「どうするウクライナ危機対応」

 

◆今のウクライナ情勢について議論をしていく意義

◆自覚すべき2つのポイント

1つ目:今の状態は事実上の戦時状態。

2つ目:日本はすでに中立国ではない。

――――――――――

 

ぜひ会員向けメルマガで全文をお確かめください!

また、部谷先生は1月22日に開催した【救国シンクタンク~第3回救国シンクタンクフォーラム 「大国のハイブリッド・ストラグル2022新春~】にご登壇いただきました。

こちらはダイジェスト版動画です。宜しければご視聴ください。

 

大国のハイブリッド・ストラグル2022新春ダイジェスト版【救国シンクタンク】

大国のハイブリッド・ストラグル2022新春ダイジェスト版【救国シンクタンク】
#奥山真司 #小泉悠 #部谷直亮 #江崎道朗 #倉山満 #中川コージ #渡瀬裕哉★リバタリアンとは何か ★自由主義の基盤としての財産権 (救国シンクタンク叢書)

 

ご入会いただくとメルマガをお届けいたします。貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。どうかこの機会にご入会をご検討ください。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、下記の「運営協力」

よりご入会の手続きをお願いいたします。

運営協力 | 一般社団法人 救国シンクタンク (kyuukoku.com)

 

**********

【救国シンクタンク~第4回救国シンクタンクフォーラム「アクティビストのための調査手法モデル化」~】

2022年5月7日(土)14時から星陵会館にて「アクティビストのための調査手法モデル化」(レジ袋研究)をテーマに第4回救国シンクタンクフォーラムを開催し、研究成果を会員の皆様に、ご報告させていただくことになりました。

 

今回のフォーラムは、規制大国日本に規制改革の風穴をあける研究発表になります!

※下記のイベントページもご確認ください。

イベント [ Events ]
救国シンクタンク第5回フォーラム ~本当に大事な五つの論点~ 救国シンクタンク主催、第5回フォーラムを2022年11月11日(金)に開催しました。 【本当に大事な五つの論点】をテーマに、各分野の第一線でご活躍されているゲスト5名をお招...

 

〈開催日時〉

2022年5月7日(土)14:00~16:40

〈会場〉

星陵会館 東京都千代田区永田町2-16-2

〈総合司会〉

中川コージ(研究員)

〈登壇者〉

内藤陽介(郵便学者)、倉山満(理事長)、渡瀬裕哉(研究員)ほか

※登壇者は現在調整中です。決定次第お知らせいたします。

 

【お申込み】 

ご参加をご希望の会員の皆様は《2022/3/23のメルマガ》に記載してある

URLより専用フォームにてお申し込み下さい。

※事前登録制(WEB配信は後日会員向けに予定しております)

 

非会員の方はこちらからチケットをお申し込み下さい。

ご購入先URL https://peatix.com/event/3202869

※チケットご購入者様向けの動画の配信サービス(後日配信)を検討中です。

 

なお、お座席は余裕をもって準備しておりますが、先着順とさせていただき、満席に

なりしだい締め切りとさせていただきますのであらかじめご了承ください。

 

【動画視聴専用チケット】

当日、会場へ来られない非会員向けの動画視聴専用チケットの販売を検討中です。

 

**********

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました