世界と日本の経済情勢について

投稿記事

本日のメールマガジンでは、8月13日に続き、国内第一級のマクロ経済エコノミストをお招きして開催した第1回情勢分析研究会の内容をご紹介させていただきました。

今回は、High Frequency Data(注:高頻度データ,Google Appleなどのデータ)を使った世界経済の分析、追加経済政策についてMeasures of Skewness and Kurtosis(歪度と尖度の尺度)による統計的分布の検討、といった視点からの内容をご紹介させていただいております。

救国シンクタンクでは、月内に第2回、第3回の情勢分析研究会も予定しています。研究会の内容は、シンクタンクの活動に反映させるとともに、内容をわかりやすくまとめ、会員の皆さまに紹介して参ります。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。
救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。
文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました