トランプ政権の今後の対中政策を読み解く

投稿記事

本日のメールマガジンでは、江崎道朗研究員の研究成果として、トランプ政権が5月20日に発表した報告書「中国に対する米国の戦略的アプローチ(United States Strategic Approach to the People’s Republic of China)」の仮邦訳をお送りしました。

この報告書は、日本のマスコミはほとんど取り上げていませんが、今後のアメリカの対中政策を読み解く上で大変重要な報告書であり、トランプ政権の狙いが「米中戦争」や「共産党政権の打倒」といったものではないことが理解できます。
なお、内容については7月12日配信のメルマガで江崎研究員が詳細に解説していますので、合わせてお読みください。

救国シンクタンクでは、国家戦略の正確な理解と分析を重視し、必要な情報を会員の皆さまにお届けします。シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

また、ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました