内藤陽介の「メルマガで世界を読む」第12回「モスクワのテロとタジキスタン」

投稿 [ Blog ]

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 2024/3/25号◆◆

3月22日、ロシア・モスクワ北西郊外のコンサート会場“クロッカス・シティー・ホール”に武装グループが侵入して銃を乱射しました。その後、会場では火災が発生し、少なくとも133人の死亡が確認されています。

 

この事件では、翌23日、過激派組織“イスラム国(IS)”が犯行声明を出しており、ロシア連邦保安局(FSB)は、実行犯は6人(うち4人はタジキスタン国籍)で、すでに実行4人を含む11人を拘束したと発表しました。

 

今回のテロ事件に関連して、タジキスタン政府はロシアとの悲しみと連帯を表明しており、タジキスタンが国家としてテロを支援しているわけではないのですが、旧ソ連諸国の最貧国(2023年の名目GDPの国際ランキングでは145位)でムスリムが人口の9割以上を占めるタジキスタンでは、イスラム過激派組織に“就職”する者が少なくありません。

 

ちなみに、本稿執筆の時点で、タジキスタン政府は、①アル・カーイダ(AQ)、②東トルキスタン・イスラム運動、③トルキスタン・イスラム党(旧ウズベキスタン・イスラム運動)、④タリバン、⑤ムスリム同胞団、⑥ラシカル・エ・タイバ、⑦ジャマート・イ・イスラミ・パキスタン)、⑧ジャマート・タブリゴット、⑨自由タジキスタン、⑩ヒズブット・タフリール、⑪ジャモアット・アンサルロー、⑫サラフィー、⑬グループ24、⑭イスラム国(IS)、⑮ヌスラ戦線、⑯イスラム復興党、⑰タジキスタン国民同盟(PMT)の17団体をテロ組織に指定しています。

 

このうち、今回のテロ事件の犯行声明を出したISについては、タジキスタン当局は、2014年から2019年にかけてタジキスタン出身者の約2000名がISに参加したと推計しており、その中には、2015年5月にシリアに渡航してISに参加した元内務省特殊部隊(OMON)の元司令官、ハリモフのような人物もいます。タジキスタン当局としては、彼らが帰国して、タジキスタン国内でテロ・誘拐事件等を起こすことともに、彼らが世界各地でテロ事件を起こすことを警戒してきました。

 

IS系の組織として、2015年1月、イラン東部からアフガニスタン、パキスタン、トルクメニスタンにまたがる地域を対象として、既存の国際秩序を否定して新たなイスラム国家の樹立を目指すとする“イスラム国ホラーサーン州(ISK)”が設立されています。彼らは、2018年7月にはダンガラ郡(ドゥシャンベの南東約100km)で外国人観光客7名を襲撃する事件を起こしたほか、2019年5月にはヴァフダト郡(ドゥシャンベの東方約15km)でISに参加した罪で服役中の囚人約30名が暴動を起こし、看守3名及び囚人29名が殺害される事案が発生。また、同年11月には20名ほどの武装集団が、ウズベキスタンとの国境にある警備ポストを襲撃する事件を起こしています。

 

さらに、ことし(2024年)1月には、イラン南部のケルマーンで革命防衛隊の元司令官、ガーセム・ソレイマーニーの没後4周年の式典を狙ったテロ事件が発生し、ISKが犯行声明を出しましたが、その実行犯もタジク人でした。

 

タジキスタンにとっては、ISKをはじめとする中央アジア地域でのイスラム過激派のテロ活動を抑え込むうえで、ロシアの全面的な協力が不可欠でした。ところが、2022年のウクライナへの全面侵攻後、ロシアは中央アジアでのイスラム過激派のテロに対応する余裕をなくしており、この点で‥‥

 

―――――――――――――――

今回のメルマガでは、モスクワのテロとタジキスタンとの関係性について内藤陽介研究員が解説しています。

ぜひ、会員向けメルマガで全文をご確認ください。

 

ご入会いただくとメルマガをお届け致します。

貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、ご入会の手続きをお願い致します。

(文責:事務局)

 

 

********************

《救国シンクタンク翻訳叢書完成!》

【 Leave US Alone: 減税と規制緩和、アメリカ保守革命の教典】

監修:渡瀬裕哉(救国シンクタンク研究員)

全米で最も影響力のある政治戦略家の一人でもあるグローバー・ノーキスト氏が、保守派に向けた大胆なマニフェストとビジョンを提示する。

経済、人口統計、政治動向を通じて、アメリカ政治がこれまでどこにあったのか、どのように変化していったのか。本書『Leave Us Alone』は、アメリカ政治をより深く理解するための必読の書である。

www.amazon.co.jp/dp/4434328867

 

********************

《令和6年4月21日(日) 第5回 救国シンクタンクセミナー自治体経営研究会》

 

◆開催日時:令和6年4月21日(日)14:00~17:45(13:30受付開始)

【場 所】TKP九段下神保町ビジネスセンター カンファレンスルーム3A

東京都千代田区神田神保町3-4柳川ビル

【主 催】一般社団法人救国シンクタンク

【テーマ・講 師】

「歳出改革基礎と各自治体における持続可能な行政条例」

渡瀬裕哉 救国シンクタンク研究員

自治体において歳出改革を行うためには、どのような項目に着目するとよいのか、歳出改革の基礎を解説し、具体的事例とともに、持続可能な自治体財政の在り方について解説いたします。

また、地方自治体の議員が議会において行政が執行する予算をしっかりと監視し、議会での質問や調査に役立てることができるようなモデル案を提示します。

【プログラム】

受 付:13:30

開 会:14:00 挨拶、事務連絡

・ショートトピック

・第一部 :14:20~15:35 「歳出改革基礎」 質疑15分

・休 憩 :15:35~15:45

・活動報告:15:45~16:00 地方議員の活動成果報告

・第二部 :16:00~17:15 「具体的事例の行財政条例解説」 質疑15分

・閉 会 :17:30 セミナーの後に懇親会を予定しております。

◆参加申込(Peatixにて受付いたします)

お申込みURL:https://peatix.com/event/3863697

・地方自治体【首長・議員】(参加費20,000円)

・立候補予定者、一般アクティビスト(参加費5,000円)

 

本セミナーは、地方自治体の首長・議員・立候補予定者の方々を対象にしておりますが、アクティビスト志望の会員様やそれ以外の一般の方もご参加いただけます。

 

減税や規制改革、事務事業評価、安全保障などに取り組んでいる「首長・地方議員・立候補予定者」をご存じの方は、ぜひこのセミナーをご紹介ください。

 

********************

《救国シンクタンク叢書 第5弾『皇位継承問題』》

Amazon.co.jp

救国シンクタンク“日本の未来を考える”シリーズの第五弾。第一部では「皇位継承問題とは何か」を學館大学 現代日本社会学部教授、新田均氏が、「皇位継承問題と政治」については産経新聞社 論説委員長、榊原智氏が、「後花園天皇と伏見宮家」というテーマで国際日本文化研究センター 名誉教授渡今谷明氏が、「旧皇族の男系男子孫の皇籍取得は憲法第十四条違反なのか」と題して弁護士、山本直道氏が、そして「秋篠宮家の現在と未来」を皇室評論家の髙清水有子氏がそれぞれの知見を持って論じる。第二部では倉山満氏をモデレーターに、それらの専門家が皇位継承問題について白熱したクロストークセッションを展開する。

皇位継承問題について、専門家たちが描き出す今を表した必読の書。

《令和5年7月30日(日)第7回フォーラム「皇位継承問題」》

救国シンクタンク第7回フォーラム「皇位継承問題」ダイジェスト

********************

《米国共和党保守派【翻訳叢書プロジェクト】出版費用支援のお願い》

救国シンクタンクではこのたび、ニュート・ギングリッチ元連邦下院議長の最新著作

『Defeating Big Government Socialism: Saving America’s Future』と、グローバー・ノーキスト全米税制改革協議会議長の著作『Leave Us Alone: Getting the Government’s Hands Off Our Money, Our Guns, Our Lives』の〈救国シンクタンク叢書〉としての翻訳本出版にあたり、会員の皆様にご寄付をお願いしたところ、大変多くのご支援を賜ることができました。誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

【重要】翻訳プロジェクトに関する報告・自治体経営セミナー開催決定!【救国シンクタンク】https://youtu.be/1TpNv8USXkg

翻訳叢書プロジェクトにご支援いただく際は、ぜひ事務局までご連絡をお願い致します。

◆お問い合わせ先:info@kyuukoku.com

 

********************

《救国シンクタンク叢書 第4弾『大国のハイブリッドストラグルII: 大国の衰退と台頭がもたらす地域紛争』》

『大国のハイブリッドストラグルII: 大国の衰退と台頭がもたらす地域紛争』(2023年)

Amazon.co.jp

救国シンクタンク第6回フォーラム「大国のハイブリッドストラグル2023新春 」

********************

《救国シンクタンク叢書 第3弾『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』》

『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』(2023年)

https://amzn.to/3J6Wh0Y

いよいよ新発売!レジ袋有料化「義務化」は嘘だった!? 救国シンクタンク叢書『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』 内藤陽介 渡瀬裕哉

 

********************

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

 

(文責:事務局)

 

タイトルとURLをコピーしました