渡瀬裕哉メルマガ「日本をアップグレードする方法」(183)「なぜ関税をかけてはならないのか」

投稿 [ Blog ]

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 24/02/02号◆◆

救国シンクタンク会員の皆様、こんにちは。研究員の渡瀬裕哉です。本メルマガでは「日本をアップグレードする方法」をお届けしております。

 

今回のテーマは「なぜ関税をかけてはならないのか」です。

 

反グローバリズムが声高に叫ぶ人々が増加する中で、外国製品や外国サービスに対して関税をかけるべきだと主張する人々がいます。国内産業を保護するためには関税が必要だとする主張です。

 

しかし、日本を出て途上国に行けば、それらの主張が全く間違っていることが理解できます。直近で訪問した東南アジアの国では巨大モールの中で売られている物品の価格が日本での売価の2倍という価格でした。これは販売場所によるブランド価値や輸送費もあると思いますが、関税による影響も無視できません。

 

実際、PCなども日本の2倍の価格で販売されているため、庶民は同デパートでPCを購入することはできません。これでは先進国相手の仕事に必要なハイスペックな機材を手軽に入手することが難しい印象をうけました。本来であれば、同国の消費者はより安価にそれらのPCを手にすることができたはずであり、商品の消費者利益が失われていることは誰でも分かります。

 

しかし、それ以上に重要なことはPCなどを安価に入手できていた場合に創出されたであろうIT産業が育ちにくくなっている点です。

 

自国に産業としてPCの製造業を作ろうとしても、既に優れた完成品を製造している他国にかなうことはないでしょう。それどころか、本来はそれらのPCを活用して生まれたはずの新産業も同地域では発展の余地が失われています。このように単純に保護育成しようとした産業以外の新産業の芽を摘んでしまうことも関税の特徴と言えます。

 

これは実は途上国だけの事例ではありません。

 

たとえば、日本では……

 

―――――――――――――――

今回のメルマガでは、なぜ関税をかけてはならないのかを渡瀬裕哉研究員が解説しています。

ぜひ、会員向けメルマガで図解の全文をご確認ください。

 

ご入会いただくとメルマガをお届け致します。

貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。
【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、ご入会の手続きをお願い致します。

(文責:事務局)

 

********************

《令和6年2月25日(日) 第4回 救国シンクタンクセミナー自治体経営研究会》

◆ご参考動画 https://www.youtube.com/watch?v=yaHQsOZboTQ

 

◆開催日時:令和6年2月25日(日)14:00~17:30(13:30受付開始)

◆会 場 :東京都千代田区

◆主 催 :一般社団法人救国シンクタンク

◆講師:渡瀬裕哉研究員、小川清史客員研究員

◆プログラム(変更する場合がございます)

受 付:13:30

開 会:14:00 挨拶、事務連絡

第一部:14:05~15:20 誰でも簡単に活かせる地方自治体の世論調査の見方・やり方・使い方

休 憩:10分

第二部:15:30~16:40 国民保護について

休 憩:10分

第三部:16:50~17:20 質疑応答

閉 会:17:25

 

◆参加申込(Peatixにて受付いたします)

お申込みURL:https://peatix.com/event/3785408

・地方自治体【首長・議員】(参加費20,000円)

・立候補予定者、一般アクティビスト(参加費5,000円)

セミナーの後に懇親会を予定しております。懇親会のご案内は別途お知らせいたします。

セミナーへの参加対象者は、地方自治体の首長・議員・立候補予定者の方々を対象にしておりますが、アクティビスト志望の会員様やそれ以外の一般の方もご参加いただけます。

減税や規制改革、事務事業評価、安全保障などに取り組んでいる「首長・地方議員・立候補予定者」をご存じの方は、ぜひこのセミナーをご紹介ください。

 

********************

 

《救国シンクタンク叢書 第5弾『皇位継承問題』》

Amazon.co.jp

救国シンクタンク“日本の未来を考える”シリーズの第五弾。第一部では「皇位継承問題とは何か」を學館大学 現代日本社会学部教授、新田均氏が、「皇位継承問題と政治」については産経新聞社 論説委員長、榊原智氏が、「後花園天皇と伏見宮家」というテーマで国際日本文化研究センター 名誉教授渡今谷明氏が、「旧皇族の男系男子孫の皇籍取得は憲法第十四条違反なのか」と題して弁護士、山本直道氏が、そして「秋篠宮家の現在と未来」を皇室評論家の髙清水有子氏がそれぞれの知見を持って論じる。第二部では倉山満氏をモデレーターに、それらの専門家が皇位継承問題について白熱したクロストークセッションを展開する。

皇位継承問題について、専門家たちが描き出す今を表した必読の書。

 

《令和5年7月30日(日)第7回フォーラム「皇位継承問題」》

救国シンクタンク第7回フォーラム「皇位継承問題」ダイジェスト

救国シンクタンク第7回フォーラム「皇位継承問題」ダイジェスト
★救国シンクタンク第7回フォーラム 「皇位継承問題」動画視聴専用チケット @PeatixJPより ★救国シンクタンク第7回フォーラム 「皇位継承問題」の動画視聴専用チケットです。令和5年7月30日(日曜日)に開催されたフォーラムを全編にわたって配信いたします。配信用UR...

 

********************

 

《オンライン公開研究会のお知らせ》

1月11日(木)にオンライン研究会を実施しました!

◆救国シンクタンク(2024年1月11日)ライブ 倉山満 江崎道朗 渡瀬裕哉 柿埜真吾 内藤陽介【チャンネルくらら】

01:37 所長の年頭ご挨拶

07:16 政治スケジュールと能登半島の復興

17:34 地方自治と自衛隊の震災対応

26:10 復興時の経済政策について

33:00 復興減税へのこだわり

35:20 日本人と震災の歴史

39:20 会員様からの質問 株価急上昇の理由

48:08 告知 第4回救国シンクタンクセミナー

51:40 研究員の今年の抱負

救国シンクタンク(2024年1月11日18時スタート)ライブ 倉山満 江崎道朗 渡瀬裕哉 柿埜真吾 内藤陽介【チャンネルくらら】
ーーーーーーーーーーー★救国シンクタンクでは、「提言、普及、実現」を合言葉に、以下の活動を行っています。会員として活動をご支援お願いします。提言: シンクタンクとして研究普及 : 国民への普及実現 : 政治で実現――――――――――――――――――――減...

 

次回のオンライン研究会は、2024年2月8日(木)18時からです!

お楽しみにお待ちください!

 

********************

 

《救国シンクタンク叢書 第4弾『大国のハイブリッドストラグルII: 大国の衰退と台頭がもたらす地域紛争』》

『大国のハイブリッドストラグルII: 大国の衰退と台頭がもたらす地域紛争』(2023年)

Amazon.co.jp

救国シンクタンク第6回フォーラム「大国のハイブリッドストラグル2023新春 」

救国シンクタンク第6回フォーラム「大国のハイブリッドストラグル2023新春 」
救国シンクタンク第6回フォーラム「大国のハイブリッドストラグル2023新春 」テーマ「超大国の衰退と台頭する中国、隣接する地域の紛争の現状」【第6回 救国シンクタンクフォーラム「大国のハイブリッドストラグル2023新春」】を2023年2月12日(日)に星稜会館にて開催しました。「第6回救国シンクタンクフォーラム ...

********************

 

《救国シンクタンク叢書 第3弾『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』》

『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』(2023年)

https://amzn.to/3J6Wh0Y

いよいよ新発売!レジ袋有料化「義務化」は嘘だった!? 救国シンクタンク叢書『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』 内藤陽介 渡瀬裕哉

いよいよ新発売!レジ袋有料化「義務化」は嘘だった!? 救国シンクタンク叢書『なぜレジ袋は「有料化」されたのか』 内藤陽介 渡瀬裕哉
★絶賛ご予約受付中!救国シンクタンク叢書 なぜレジ袋は「有料化」されたのかーーーーーーーーーーー★救国シンクタンクでは、「提言、普及、実現」を合言葉に、以下の活動を行っています。会員として活動をご支援お願いします。提言: シンクタンクとして研究普及 : 国民への普及...

 

********************

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました