柿埜真吾メルマガ「エコテロリズムにNoを〈後編〉」

投稿 [ Blog ]

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 22/11/20号◆◆

今回は、前回のメルマガ「エコテロリズムにNoを〈前編〉」の後編になります。

前回はXRやJust Stop Oilという自称環境団体の実態を明らかにして、決して「環境団体」とは言えない、科学を装った過激派集団であることを柿埜先生が解説しました。
後編では、これらの団体の最大の問題を解説していきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「エコテロリズムにNoを〈後編〉」

 

Just Stop Oil やXRのような団体の最大の問題は、彼らが気候変動問題とは直接関係がないか、あったとしても極めて間接的な関係しかない標的を、単に注目を集めるのに有効であるからという理由だけで狙い、民主的プロセスを得ずに政治を動かそうとしている点である。

例えば、美術館襲撃の実行犯たち自身も認めている点だが、当然ながらゴッホやモネといった画家の作品と気候変動には直接の結びつきは何も存在しない。彼らの作品が標的として選ばれた理由は単に注目が集められるからに過ぎない。これは正にテロリストが大勢の人が集まる繁華街に爆弾を仕掛けたり政府要人を暗殺したりするのと同じ論理である。

民主的な議会や言論の自由があるにもかかわらず、非合法的な抗議活動で政府に圧力をかけるという彼らのやり方は、根本的な議会制民主主義への不信ないし敵意に基づいている。彼らは対話と法的プロセスではなく、民主的手続きを無視した力の信奉者である。

 

多くのテロリストの活動がそうであるように、実際には、こうした団体のいわゆる“直接行動”は、「助ける」と称している環境をむしろ破壊し、「救う」と称している労働者を苦しめる極めて矛盾した行動である。彼らが実際にしているのは単なる器物損壊等の実力行使であり、直接、気候変動に関係があることは滅多にない。

例えば…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぜひ会員向けメルマガで全文をお読みください。
ご入会いただくとメールマガジンをお届けいたします。
貴重な情報満載の過去のメールマガジンもすべてお読み頂けます。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/
【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、
ご入会の手続きをお願いいたします。

(文責:事務局)

 

********************

《救国シンクタンク第5回フォーラム〈~本当に大事な五つの論点~〉》

令和4年11月11日(金)開催のフォーラム動画視聴専用チケットの販売中です!

会員の皆様にはフォーラムを撮影した【限定公開動画】を配信しております。

メルマガに記載してあるURLにログインしてからご確認ください。

 

会員ではない方も下記のリンクより【動画視聴専用チケット】のご購入をいただけます!

https://peatix.com/event/3411190?fbclid=IwAR3WP2cLVmK9JbWCcbQMs7QKV6a-fP9Sdbi9ZnE8ITAg3i244jcvL7eYDTY

※救国シンクタンク会員様と11/11(金)入場チケットを購入されたお客様には無償で同じ動画が配信されますので本チケットをご購入する必要はございません。

お求めの際は十分にご注意ください。

 

********************

【第二回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ】

救国シンクタンクにて第二回懸賞論文を募集いたします。

第二回目となる今回は《「業績評価条例(旧・行政評価条例・政策評価条例)」のモデル条例アイディア》を論文として募集します!

優れたアイディアに関しては、救国シンクタンクの『業績評価条例』のモデル条例案に取り入れることを想定していますので、奮ってご応募ください!

募集期間は〈令和4年9月9日~令和5年1月31日〉です。

詳細はこちらをご確認ください。

懸賞論文
懸賞論文

 

********************

【オンライン公開研究会のお知らせ】

11月2日(水)18時00分からオンライン公開研究会を開催しました。

今回は特別に、日銀人事に関する番組等にご出演されている経済学者の柿埜真吾先生もオンライン公開研究会にご出演しました。

YouTubeライブ配信のアーカイブはこちらです。

【全編公開】①岸田政権「緊急経済対策」②新習近平体制 ③米国中間選挙と英国政治 救国シンクタンク(2022年11月2日)ライブ 倉山満 江崎道朗 渡瀬裕哉 中川コージ 柿埜真吾【チャンネルくらら】

********************

《救国シンクタンク叢書 第2弾『大国のハイブリッドストラグル』のお知らせ》

2022年7月11日に救国シンクタンク叢書 第2弾『大国のハイブリッドストラグル』を刊行しました。叢書『大国のハイブリッドストラグル』は、2022年1月22日に開催した、第3回救国シンクタンクフォーラム「大国のハイブリッドストラグル新春2022」を基に書籍化しました。

〈Amazon〉

救国シンクタンク叢書 大国のハイブリッドストラグル
アメリカ、中国、ロシアの3 カ国および、軍事、地政学それぞれの領域における新進気鋭の専門家5名が知見を共有し解説する。小泉悠(ロシアの軍事・安全保障政策を専門)、奥山真司(欧米各国の地政学や戦略学を専門)、部谷直亮(安全保障全般を専門)、渡瀬裕哉(米国などの国際情勢アナリスト)、中川コージ(中国を専門とした研究など) ...

〈楽天ブックス〉

楽天ブックス: お探しのページが見つかりません
お客様がお探しのページは移動、または削除された可能性がございます。アドレスを入力した場合は、入力間違えから見つからないことがあります。アドレスバーに記載されているURLをもう一度ご確認ください。

叢書化を記念した特別番組も宜しければご視聴ください。

戦争でも平和でもない状態〜ハイブリッド・ストラグルとは? 『大国のハイブリッド・ストラグル』江崎道朗 中川コージ【救国シンクタンク】

米国の価値観とは?『大国のハイブリッドストラグル』出版記念【救国シンクタンク】

********************

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました