江崎道朗の【自主独立のための選択肢】 「3度の消費税増税によって景気が落ち込んだ日本経済」

投稿 [ Blog ]

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 22/4/20号◆◆

 

評論家の江崎道朗です。

「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点から毎回、政治的課題について書いていこうと思います。

 

 日本経済は、約60%以上を個人消費が占めます。

 

よって景気回復の大きな力となるのは個人消費なのですが、その個人消費が年率マイナス5%を超える落ち込みを記録した時期は、平成30年の間に次のように6回あるといいます(第一生命経済研究所副主任エコノミスト、星野卓也「変わる『政策目的』に消費翻弄」『週刊エコノミスト』2019年1月15日号)。

 

①3%の消費税が導入された1989年4~6月期

②消費税が5%に引き上げられた1997年4~6月期

③リーマンショック直後の2008年10~12月期

④エコカー減税効果やたばこ税増税前の駆け込みの反動減が見られた2010年10~12月期

⑤東日本大震災により自粛ムードが広がった2011年1~3月期

⑥消費税率が5%から8%へと引き上げられた2014年4~6月期

 

 つまり長引くデフレで苦しんだ日本の景気を冷やした6回のうち、3回は消費税のせいであったわけです。ある意味、平成30年の日本経済は、消費税増税によって個人消費を落ち込ませた、人為的に作られた不景気の連続であったと言えましょう。

―――――

 

メルマガの続きで、景気を悪化させることが分かりながら政府は増税に踏み切り、しかも、その税増の理由がころころと変わっているのに、国会はそれをチェックし、阻止することができてこなかったという、日本の30年間の歩みの実態を江崎研究員が解説しています。

ぜひ、会員向けメルマガで全文をお確かめください。

 

ご入会いただくとメルマガをお届けいたします。

貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。

 

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、ご入会の手続きを

お願いいたします。

 

********************

救国シンクタンク第四回フォーラム

【研究成果発表:テーマ〈ウクライナとレジ袋〉】

 

救国シンクタンクの第4回フォーラムはレジ袋研究成果発表とウクライナ情勢の2本立てになりました。

第一部は規制大国日本に規制改革の風穴をあける研究成果発表です。

レジ袋有料(義務)化を題材とした内容を発表いたします。

第二部はウクライナ情勢と資源エネルギー問題について提言いたします。

 

今回のフォーラムは、規制大国日本に規制改革の風穴をあける研究発表になります!

※下記のイベントページもご確認ください。

イベント [ Events ]
救国シンクタンク第5回フォーラム ~本当に大事な五つの論点~ 救国シンクタンク主催、第5回フォーラムを2022年11月11日(金)に開催しました。 【本当に大事な五つの論点】をテーマに、各分野の第一線でご活躍されているゲスト5名をお招...

※イベント内容については随時修正いたします。

 

こちらの動画にてフォーラムの内容についてご紹介しています!

日本で一番有名な規制「レジ袋有料化」 渡瀬裕哉 倉山満【チャンネルくらら】

https://www.youtube.com/watch?v=kdsFnjr_nrI

 

〈開催日時〉

2022年5月7日 (土) 14:00 – 17:00

〈会場〉

星陵会館 千代田区永田町2丁目16−2

【プログラム】

総合司会 倉山満(所長・理事長) 中川コージ(研究員)

冒頭 (14:00~14:20)

ビデオメッセージ 自由民主党 大岡敏孝環境副大臣(予定)

日本維新の会 漆間譲司衆議院議員(予定)

ご来賓挨拶    NHK党 浜田聡参議院議員(予定)

第一部 「アクティビストのための調査手法のモデル化~レジ袋有料化の調査について」(14:20-15:30)

司会 中川コージ(研究員)

パネリスト

江崎道朗(研究員・理事)「規制緩和の意味」

渡瀬裕哉(研究員・理事)「アクティビストのための調査手法モデル化」

内藤陽介(委託研究員) 「成果報告」

倉山 満(所長・理事長)「総括と展望」

クロストーク(30分)

休憩(10分)

第二部 「ウクライナ情勢と資源エネルギー問題」(15:40-16:50)

司会 倉山 満(所長・理事長)

パネリスト

倉山 満 (所長・理事長) 第二部、開会の挨拶

内藤陽介 (委託研究員)  ウクライナ問題の全体像

渡瀬裕哉 (研究員・理事) アメリカから見たウクライナ問題

江崎道朗 (研究員・理事) 日本から見たウクライナ問題

中川コージ(研究員)    中国から見たウクライナ問題

クロストーク(50分)

フォーラムのまとめ 倉山 満 (所長・理事長)

終了(17:00)

 

詳細内容は鋭意検討中ですので決まり次第アップしてまいります。乞うご期待!

【お申込み】

ご参加をご希望の会員の皆様は《2022/4/9のメルマガ》に記載してある

URLより専用フォームにてお申し込み下さい。

※事前登録制(WEB配信は後日会員向けに予定しております)

 

非会員の方はこちらからチケットをお申し込み下さい。

ご購入先URL https://peatix.com/event/3202869

※申し込みページのイベント内容については随時修正いたします。

※チケットご購入者様向けの動画の配信サービス(後日配信)を検討中です。

 

なお、お座席は余裕をもって準備しておりますが、先着順とさせていただき、満席に

なりしだい締め切りとさせていただきますのであらかじめご了承ください。

【動画視聴専用チケット】

当日、会場へ来られない非会員向けの動画視聴専用チケットの販売を検討中です。

 

**********

【オンライン公開研究会のお知らせ】

4月21日18時00分から開催されるオンライン公開研究会の

テーマは《ウクライナを巡る環境政策「日本、米国、中国」》です!

今回も《全編を一般公開》して、会員以外の方にもリアルタイムでご参加いただきます!

ぜひ、お見逃しなく!

 

YouTubeライブ配信のリンクはこちらです。

【全編無料】救国シンクタンク【2022年4月21日】オンライン公開研究会 Youtubeライブ

https://www.youtube.com/watch?v=N2ubueIF5wg

 

前回のオンライン公開研究会のアーカイブは下記になります。

【全編公開!】救国シンクタンク(2022年3月31日)オンライン公開研究会 Youtubeライブ

https://www.youtube.com/watch?v=fnU9huJCoLw

 

**********

【救国シンクタンク ~ 第3回救国シンクタンクフォーラム 「大国のハイブリッド・ストラグル2022新春」~】

 

令和4年1月22日(土)星陵会館にて開催を致しました。

会員の皆様は【会員ページ】の《2022/2/7のメルマガ》に記載してある

Vimeoのリンクからフォーラムをご視聴いただけます。

 

**********

会員の皆様は、公式サイトの会員ページにて、過去のメルマガ配信履歴をいつでもお読み頂けます。

会員ページ

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました