倉山満所長の所長所見【第79回研究会】

投稿 [ Blog ]

皆さま、いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

本日は会員向けメルマガで送信される倉山満所長の所見をご紹介します。

 

―――――

◆◆救国シンクタンクメールマガジン 2022/2/6号◆◆

 

所長所見は、「研究会の活動をした時点では言えなかったことをお伝えする」という趣旨に基づいて書いています。

シンクタンクは【研究を積み重ねる(thinkをtankする)】ことが目的です。

救国シンクタンクは、設立の趣旨に記されている「正論が通る日本」の実現を目指して研究を積み重ね、政策を提言し、普及し、実現する活動を続けています。

 

今回のメルマガは10月14日に開催した第79回研究会に対する所長所見です。

当日の研究会は【会員限定】の公開研究会として配信を行いました。

【ダイジェスト版】はこちらです。

 

官僚の矩をこえた?矢野財務事務次官「バラマキ批判」・岸田総理は「変節漢」? オンライン公開研究会ダイジェスト版 江崎道朗 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満【救国シンクタンク】

官僚の矩をこえた?矢野財務事務次官「バラマキ批判」・岸田総理は「変節漢」? オンライン公開研究会ダイジェスト版 江崎道朗 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満【救国シンクタンク】
★10月14日の研究会を会員限定公開中です!★11月4日は18時から、YouTubeにて会員限定ライブ配信を予定。★1月22日(土)フォーラム開催決定!ゲスト:小泉悠・奥山真司・部谷直亮(敬称略)★救国シンクタンクでは、「提言、普及、実現」を合言葉に、以下の活動を行っています。会員として活動をご支援お願いします。...

 

以下、倉山満所長の【所長所見】の一部抜粋です。

 

―――――

第79回研究会【所長所見】

 

思えば、20年以上も前から

「シンクタンクを作りたい」と動いていました。

その時に書いた改革書の冒頭です。

 

「総力戦研究所、元の如く国立たるべきか、

 あるいは私立たるべきか」

 

紆余曲折を重ね、純然たる私立でなければ

救国をするシンクタンクはできないとの結論に

至りました。

 

政府の官僚にすべてを預けてしまえば

国民は楽に生きられるとの誤謬が広がっている今、

独立した

何物からも自由であるシンクタンクの必要性を

痛感しています。

 

今週は理事会で予算案を審議しましたが、

1年目は急成長で、2年目は安定期な成長で

存立の基盤が確立されてきています。

3年目となる4月からは安定的拡大を

目指していきたいと考えています。

 

さて、今週は

10月14日の第79回研究会で話し合われた内容、

その頃の行動をお知らせしたいと思います。

この週は…

 

―――――

 

所長所見の全文は会員向けメルマガで、ぜひご覧ください。

ご入会いただくとメルマガをお届けいたします。

貴重な情報満載の過去のメルマガもすべてお読み頂けます。

【会員ページ】 https://kyuukoku.com/account/

【ご入会案内】 https://kyuukoku.com/support/

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただける方は、ご入会の手続きを

お願いいたします。

 

**********

【お知らせ】

救国シンクタンク第3回フォーラム《大国のハイブリッド・ストラグル2022新春》【動画視聴専用チケット】の販売をしております。

 

〈ご購入先URL〉https://peatix.com/event/3135220

〈特典〉会場配布限定パンフレットのデジタル版がDLできる特典がつきます。

 

配信用URLは後日、ご登録先のメールアドレスにお知らせいたします。

救国シンクタンク会員様と1/22日入場チケットを購入されたお客様にも、

動画視聴用URLをお知らせ致しております。

※チケットは200名限定です。2月末締切です。

 

**********

【倉山満の所長所見】

「7月の参院選が日本の運命を決める」倉山満の所長所見【救国シンクタンク】

「7月の参院選が日本の運命を決める」倉山満の所長所見【救国シンクタンク】
★救国シンクタンクでは、「提言、普及、実現」を合言葉に、以下の活動を行っています。会員として活動をご支援お願いします。提言: シンクタンクとして研究普及 : 国民への普及実現 : 政治で実現★1月22日「大国のハイブリッドストラグル2022新春」フォーラ...

 

**********

【会員限定オンライン公開研究会】

次回の会員限定オンライン公開研究会のYouTubeライブ配信は、2月24日(木)18時から予定しています。会員の皆様のリアルタイムでのご参加をお待ちしております!

 

1月20日開催のオンライン公開研究会ダイジェスト版はこちらです。

バイデンはウクライナ情勢にどう対応する?習近平政権に最大のピンチ? 渡瀬裕哉 中川コージ 江崎道朗 倉山満 オンライン公開研究会ダイジェスト版【救国シンクタンク】

バイデンはウクライナ情勢にどう対応する?習近平政権に最大のピンチ? 渡瀬裕哉 中川コージ 江崎道朗 倉山満 オンライン公開研究会ダイジェスト版【救国シンクタンク】
★救国シンクタンクでは、「提言、普及、実現」を合言葉に、以下の活動を行っています。会員として活動をご支援お願いします。提言: シンクタンクとして研究普及 : 国民への普及実現 : 政治で実現

 

**********

(文責:事務局)

 

◆救国シンクタンクホームページ

政策提言・研究成果報告
令和6年能登半島地震に関する復興に向けた3つの提言                  【救国シンクタンク研究員所見】渡瀬裕哉   第一策:復興減税 ① 被災地域に対する「復興減税」の実施 被災者支援の一環として、従来までの災害時の地方...
タイトルとURLをコピーしました