江崎道朗の「自主独立のための選択肢」No.63グローバリズムの功罪

投稿記事

江崎道朗研究員(以下、江崎研究員)による会員向けメルマガ(9月26日)はグローバリズムについて述べています。その功罪とは何か、そして日本はどうしたら良いのか。以下にメルマガの一部をご紹介いたします。

 

評論家の江崎道朗です。

「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点から毎回、政治的課題について書いていこうと思います。今回は、グローバリズムの功罪についてです。 

Twitterなどをしていると、反グローバリズムを主張する「保守」のアカウントをよく見かけます。このグローバリズムは何を指すのか、厳密な定義がないままに、なんとなく世界的な自由貿易と資本主義の拡大は悪いものだというイメージをもっている方が多いようです。

日本共産党の志位委員長も9月24日、Twitterでこう呟きました。

《志位和夫@shiikazuo  9:19 PM · Sep 24, 2021·Twitter Web App

「共産主義はどうも」という方に2つの質問をしたいと思います。

1、資本主義という矛盾に満ちた社会が人類の到達した最後の社会か?

2、マルクスは21世紀では古くなってしまったか?

人類社会は資本主義で終わりでなく、その先に進むことができる。その法則を明らかにしたのがマルクスなのです。》

 世界的な格差拡大は、資本主義、自由主義を国際社会に広げた「グローバリズム」の限界を示すものであって、改めてマルクス主義、社会主義を見直すべきだ、と言わんばかりです。書店でも、『君たちはどう生きるか』「人新世の『資本論』」「武器としての『資本論』」といった、資本主義の限界と、マルクス主義の再評価を唱える本がベストセラーになっています。 

このグローバリズムをヒト、モノ、カネが世界的に行き交う「世界的な自由貿易体制の広がりだ」と規定した場合、その契機となったのは、1995年に発足したWTO(世界貿易機関:World Trade Organization)体制の拡大でしょう。

 では、この世界的な自由貿易の拡大は、間違いだったのでしょうか

 

続きはぜひ会員向けメルマガでお読みください。ご入会後いただくとメールマガジンをお届けいたします。貴重な情報満載の過去のメールマガジンもすべてお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、下記の「運営協力」よりご入会の手続きをお願いいたします。運営協力 | 一般社団法人 救国シンクタンク (kyuukoku.com)

 

【会員限定オンライン公開研究会】

9月30日の研究会は収録後YouTube限定公開のリンクをメルマガで後日配信いたします。

詳細はこちらをご確認ください。

重要なお知らせ

緊急事態宣言継続中のため、当初、毎月実施を予定していた公開研究会の困難な状況が続いています。 そこで、「会員向けオンライン公開研究会」を月1回開催することと致しました。 毎月、最終週の研究会を18時~19時の時間帯に、Y…

kyuukoku.com

2021.09.02

 

 

*****

 

【第一回 救国シンクタンク 懸賞論文】

救国シンクタンクでは、昨年のプロジェクト「緊急事態宣言発令の参考となる資料の公文書化」の重要性をさらに多くの方々にご理解いただくために論文を募集しています。

 

募集期間は〈令和3年9月7日~令和4年1月31日〉です。

詳細はこちらをご確認ください。

お知らせ
第一回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ 救国シンクタンクにて初の懸賞論文を募集いたします。 昨年のプロジェクト「緊急事態宣言発令の参考となる資料の公文書化」の重要性をさらに多くの方々にご理解いただくため以下内容にて論文を募...

 

*****

 

—————————————————————–

このメールは救国シンクタンク会員様にお送りしております。

救国シンクタンクへの継続的なご支援を深く感謝いたします。

—————————————————————–

 

◆救国シンクタンクホームページ

研究成果報告
◆◆【規制緩和政策「2対1ルール」提言】プロジェクト成果報告◆◆ 救国シンクタンクとして規制緩和政策の提言は渡瀬裕哉研究員を中心に日々の研究とフォーラム活動などを行いながら、各主要政党に提言書を手交させて頂きました。 菅政権が規...

◆お問い合わせ先:info@kyuukoku.com

タイトルとURLをコピーしました