第一回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ

投稿記事

救国シンクタンクにて初の懸賞論文を募集いたします。
昨年のプロジェクト「緊急事態宣言発令の参考となる資料の公文書化」の重要性をさらに多くの方々にご理解いただくため以下の内容にて論文を募集いたします。

主催  :(一社)救国シンクタンク

企画名 :第1回 救国シンクタンク懸賞論文

賞金  :総額25万円

大賞10万円(1人) 奨励賞3万円(5人)

募集内容: 倉山満『救国のアーカイブ――公文書管理が日本を救う』(ワニブックス、2021年)の      内容を踏まえ、「なぜ文書管理が必要なのか」について論じる。

応募作品:ワードに日本語で。字数自由。ただし、要旨をA4で1枚以内に。

募集期間:令和3年9月7日~令和4年1月31日

審査発表:2月1日に発表。後日授賞式を予定(日時は別途)

応募資格:なし

応募方法:右記URLに送付。 < info@kyuukoku.com >

注意事項 応募作品は返却いたしません。入賞作品の著作権、版権は主催者に帰属することとします。

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、下記URL「運営協力」よりご入会の手続きをお願いいたします。ご入会後は過去のメールマガジンをすべてお読み頂けます。

運営協力 | 一般社団法人 救国シンクタンク (kyuukoku.com)

(文責 事務局)

 

タイトルとURLをコピーしました