第66回研究会を開催致しました

投稿記事

本日のメールマガジンは、第66回研究会の開催速報です。

会員の皆様に議事概要をお送り致しました。

 

定例の活動報告、事務報告を行い、今後の予定を確認致しました。

 

週毎の注目ニュースでは、倉山満所長と中川コージ研究員のスクリーニングにより抽出された重要ニュースを確認しました。今週もニュース集積には、倉山塾の有志の皆様にご尽力いただいております。

 

国内の注目ニュースとして「西村経済再生担当の金融機関に対する大失言」と「サイバーセキュリティ関連」。国外ニュースからは「バイデン大統領、上院民主党合意3.5兆ドル規模のインフラ投資計画を支持」「ウクライナ海軍に対するロシア系ハッカー攻撃」などが取り上げられました。

 

そして、同日に開催された情勢分析研究会では、外部講師として戦略学者の奥山真司先生をお招きし、「地政学から見る、米中対立と日本」と題してお話を伺いました。

 

奥山先生からは、戦略の階層の概念、地政学に関する基礎知識のお話をいただき、米中対立の大戦略について解説を頂きました。

 

現代の米中覇権国争いを分析していく上で、地政学に関する基礎知識を交えて解説を頂きました。二度の世界大戦において敗北したドイツと勝利したイギリスを戦略の観点からみたときの違い。

 

米ソ冷戦、米中対立を地政学から読み解いていく事で見えてくる、アメリカと中国の戦略の違いなどを奥山先生にお話いただきました。

 

今後も毎週の研究会を積み重ねていき、救国シンクタンクの活動に活かしてまいります。

 

 

現在、救国シンクタンクでは経済関係の調査員(リサーチャー)について、募集を開始しています。募集要項も公開致しております。

お知らせ
第一回 救国シンクタンク 懸賞論文募集のお知らせ 救国シンクタンクにて初の懸賞論文を募集いたします。 昨年のプロジェクト「緊急事態宣言発令の参考となる資料の公文書化」の重要性をさらに多くの方々にご理解いただくため以下内容にて論文を募...

 

こちらは昨日配信された7月1日に開催された情勢分析研究会の活動報告番組です。

救国シンクタンクの活動をぜひ動画でご確認ください。

スティーブ・ジョブズも倣った日本の「leader 始動者」精神 公務員制度改革の経緯  青山社中 朝比奈一郎 江崎道朗 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満【救国シンクタンク】
★救国シンクタンク 運営協力はこちらから!

 

********************

 

救国シンクタンク ~ 規制改革フォーラム ~

※7月12日(月)からの緊急事態宣言に伴いオンライン開催のみに変更致しました。

 

いつも救国シンクタンクへのご支援をいただき、誠にありがとうございます。

 

2021年8月6日(金)19時より、星陵会館にて開催予定の「規制改革フォーラム」につきまして、当初予定していた通りの開催に向けて検討を致しましたが、7月12日より、東京都に緊急事態宣言が発出されたことを踏まえ、誠に残念ではございますが、お客様にお越し頂く形でのイベントの開催を中止とし、「無観客開催」に変更させて頂くことと決定いたしました。

 

オンライン視聴は当初の予定通り実施をさせていただきます。

会場でのご観覧を楽しみにして頂いた皆様には、深くお詫び申し上げます。

 

◆ご対応について

1.救国シンクタンク会員の皆様

全員に、オンライン視聴のリンクをお送りさせて頂きます。

 

2.一般でチケットご購入の皆様

ご要望によりオンライン視聴を頂くことは可能です。https://kyuukoku0806.peatix.com/

 

もしキャンセルをご希望の方には、ご連絡を頂きましたら、個別にご返金をさせて頂きます。

 

3.オンライン視聴用のURLのご案内について

オンライン視聴にてご使用いただきますURLにつきましては、7月30日(金)までに、メールにて配信致します。

当日、ライブ配信を試みますが、万一、ネット環境によって不具合が生じた場合は、翌日までにアーカイブ視聴用のリンクをお送りさせて頂きます。

 

上記、内容ご確認の上、ご不明な点などございましたらお問い合わせいただけますと幸いです。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、ご理解を賜りますよう、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

一般社団法人 救国シンクタンク事務局

 

◆お問合せ先:info@kyuukoku.com

 

********************

 

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました