江崎道朗研究員特別レポート―経済安全保障の動向と課題

投稿記事

本日のメールマガジンは、第62回研究会(6月17日開催)より、江崎道朗研究員の特別レポートをお届け致しました。

 

江崎道朗研究員は「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点で、政治的課題についてのメルマガを毎週書いています。

毎週のメルマガ内では度々「経済安全保障」をテーマに取り上げてきました。

 

今回の特別レポートは、江崎道朗研究員の一年以上にわたる研究成果を「経済安全保障の動向と課題」としてまとめたものになります。

 

現在の日本政府は経済安全保障に関してどのように取り組んできたのか。

中国をはじめ、国際的観点から見たときの日本の現状と課題は何か。

日本の安全保障を考える上で大変重要な内容となっております。

 

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

 

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました