【江崎道朗メルマガ】保守自由主義の旗を掲げたモンペルラン・ソサイエティ

投稿記事

本日のメールマガジンは、江崎道朗研究員の【「自主独立のための選択肢」No.42 保守自由主義の旗を掲げたモンペルラン・ソサイエティ】をお届け致しました。

前々回、前回に続き、江崎研究員メルマガでは、リー・エドワーズ著『現代アメリカ保守主義運動小史』を引きながら、アメリカの保守自由主義が成立した経緯や、基礎となった考え方を紹介、解説しています。

【江崎道朗メルマガ】保守自由主義とハイエク
本日のメルマガは、江崎道朗研究員の【「自主独立のための選択肢」No.40 保守自由主義とハイエク】をお届け致しました。 一般的には、アメリカというと「自由の国アメリカ」という言葉が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 近年で...
【江崎道朗メルマガ】政治を変える四つの力
本日のメルマガは、江崎道朗研究員の【「自主独立のための選択肢」No.41 政治を変える四つの力】をお届け致しました。 前回の江崎研究員メルマガでは、リー・エドワーズ著『現代アメリカ保守主義運動小史』を引いて、アメリカの保守自由主義が成...

今回は、第二次世界大戦の直後、1940年代後半のアメリカで大きな政府への指向と社会保障・増税という社会主義的な国家方針に対して、国民の自由を掲げたモンペルラン・ソサイエティを取り上げています。

危機が叫ばれる時や実際の戦時においては、国家による指導に期待が集まったり、統制的なものの考え方の傾向が強くなったりすることがあります。

このため、自由主義の国では、あらかじめ危機への備えをしておくことや、戦時体制からの復帰は重要な政治課題です。

よくある誤解は無秩序な自由放任との混同ですが、アメリカの保守自由主義の出発点は、統制的・社会主義的な傾向が強まる中での自由の主張にありました。

江崎研究員は、現在のアメリカや日本の状況に目を向けながら、当時の世論の反応と、その後の活動の広がりを解説しています。

前回までのメルマガと併せて、ぜひご確認下さい。

 

救国シンクタンクでは、今後の日本の政治に必要不可欠な選択肢として、設立当初より一貫して自由の大切さを掲げています。本年度も会員の皆様からの厚いご支援に感謝し、一層の活動を進めて参ります。

コロナ禍の政府の統制から脱却し自由主義を守る 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満 江崎道朗【救国シンクタンク】

コロナ禍の政府の統制から脱却し自由主義を守る 渡瀬裕哉 中川コージ 倉山満 江崎道朗【救国シンクタンク】
★救国シンクタンク 運営協力はこちらから!​

 

来たる5月15日(土)開催!

第二回公開研究会のご参加を受付中です。(※会員限定)

イベント
救国シンクタンク 第二回 公開研究会 ~ 規制改革フォーラム ~ 新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の延長に伴い、2021年5月6日、開催延期を決定致しました。 改めて日程を調整のうえ、緊急事態宣言解除後に開催の予定で...

チャンネルくららでは、第一回公開研究会(2020年10月開催)のダイジェスト版をご覧いただけます。

【救国シンクタンク】第一回シンポジウム「自由経済の大切さ」ダイジェスト版 前日本銀行政策審議委員原田泰 江崎道朗 渡瀬裕哉 倉山満

【救国シンクタンク】第一回シンポジウム「自由経済の大切さ」ダイジェスト版 前日本銀行政策審議委員原田泰 江崎道朗 渡瀬裕哉 倉山満
・開会の挨拶・祝電披露(菅内閣総理大臣)・理事長挨拶・原田泰「日本経済コロナ禍を乗り越えるために」・シンポジウム・閉会の挨拶★救国シンクタンク 運営協力はこちらから!

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました