時事解説「内在的制約と食中毒」

投稿記事

本日のメールマガジンは、倉山満所長による時事解説「内在的制約と食中毒」をお届けしました。

昨日、新型コロナウイルス対策関連法が参院本会議で可決、成立しました。

会員の皆様には1月21日のメルマガとして、第42回研究会で倉山所長が行った発表の要旨をお送りし、継続して特措法改正案の憲法上の問題点を提示して参りました。

研究報告:倉山満所長「緊急事態宣言と特措法改正に関し押さえておくべき論点」
本日は、1月19日に開催されました第42回研究会の研究発表について、会員の皆様へ要旨をお送り致しました。 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、年初の1月8日には、昨年の春以来2回目となる緊急事態宣言が再発令されました。 緊急事態宣...
【倉山満メルマガ】コロナ国会への所見~政治で何をどうやって実現するか
本日のメールマガジンは、倉山満所長によるコロナ特措法に対する所見をお送りしました。 本日、2月1日午前に行われた衆議院内閣委員会では、新型コロナウイルス感染症の特別措置法と感染症法の改正案が審議され、午後には衆議院本会議で可決されまし...

 

本日のメルマガは、国会質問に対する菅首相答弁にあった「内在的制約」という用語から、特措法改正案の基本的な考え方と建て付けについて、倉山所長が解説しています。

当初の改正案から刑事罰は外されましたが、修正協議は自民党と立憲民主党の森山、安住両国対委員長会談で決着を付け、国会審議を通じた修正という通常の法案審議も事実上省略されています。そのため、法案の問題点が充分に国民に知られていないまま、成立しました。

民間企業、国民の活動を直接的に規制する法律ですので、所長の解説をぜひご確認下さい。

チャンネルくららでも、改正案の建て付けについての解説動画を緊急配信しています。あわせてぜひご覧ください。

本日!新型コロナ特措法など改正案可決~内在的制約とはなにか? 弁護士横山賢司 菟田中子 倉山満【救国シンクタンク】

本日!新型コロナ特措法など改正案可決~内在的制約とはなにか? 弁護士横山賢司 菟田中子 倉山満【救国シンクタンク】
※森・安住ラインのテロップは森山・安住ライン、内在的成約→制約の誤りです。

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました