2021年1月12日~1月18日の注目ニュース

投稿記事

本日のメールマガジンは、「救国シンクタンク注目ニュース 2021/1/12~2021/1/18」を配信しました。

救国シンクタンクでは、週毎の研究会で直近の国内外ニュースから注目したものを抽出し、研究員による確認とディスカッションを行っています。

1月第3週は、通常国会の召集と菅首相の施政方針演説を受けて、国内ニュースは政局関連として内閣支持率の低下と与野党の動向、政府の動向として中央省庁の人事、新型コロナウイルス感染症関連のニュースを抽出しています。国外は政権移行直前のアメリカのニュース、アジアでは中国、北朝鮮、韓国、そのほかにロシアや中東・中央アジアと、国外での新型コロナウイルス感染症関連の報道を確認しました。

特に今回の研究会で取り上げられたのは、バイデン次期政権の人事と日本の外交・安全保障への影響、菅内閣の厳しい政権運営と新型コロナウイルス感染症対策との関連です。

会員の皆様には、メルマガに研究員コメントや解説を盛り込み、抽出ニュース一覧の添付とともにお送り致しました。

 

チャンネルくららでは、エコノミストの村上尚己先生がバイデン政権で予定されている大規模な経済政策を解説し、日本の医療機関支援不足の現状や予算措置の問題点を指摘しています。ぜひご確認下さい。

菅政権の支持率はこの政策で回復する! 村上尚己のマーケットニュース 大橋ひろこ【チャンネルくらら】

https://youtu.be/BertQ-_IKCo

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました