【倉山満メルマガ】あるべき公文書管理

投稿記事

本日のメールマガジンは、倉山満所長の連載「アーカイブについて知っておいてほしいこと」第13回、「あるべき公文書管理」をお送り致しました。

アーカイブとは何か? から始まり、アーカイブの定義を歴史、近代以降、国際標準、日本の現在の運用と、順を追って解説して参りました倉山所長のメルマガは、今回で一旦ひと区切りとなります。

メルマガでは、昨年10月5日の第一回目から、週に1回の連載を続けて参りました。

【倉山満メルマガ】アーカイブとは何か
本日メールマガジンは、倉山満所長の新しい連載となる「アーカイブについて知っておいてほしいこと」の第1回を配信しました 初回テーマは「アーカイブとは何か」です。 倉山所長は、救国シンクタンクでの研究テーマとして「アーカイブ」を選択し、...

 

これまで解説されてきた定義をふまえ、実践に必要な内容を解説した前回の「公文書のライフサイクル」に続き、今回のメルマガでは文書運用の目的と、現在の問題点、本来のあるべき運用について、明快に解説しています。

アーカイブは単なる文書の保存と管理に留まらない、国家経営や外交のための技術・能力です。それがどのように役立つのか、国民と政治にも官僚機構にも利益のあるお話です。ぜひご確認下さい。

救国シンクタンクでは、引き続きアーカイブ研究を継続して参ります。

また、倉山所長の筆によるアーカイブ関連の書籍出版も、今後予定されています。

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました