第41回研究会を開催しました

投稿記事

本日は、第41回研究会を開催しました。

会員の皆様には、本日のメールマガジンにて研究会速報として概要をお送りしております。

本日は定例の報告を行った後、情勢分析研究会をオンライン会議にて開催致しました。昨年10月の第1回公開研究会でご登壇頂いた、名古屋商科大学ビジネススクール教授で前日銀審議委員の原田泰先生に「菅政権の経済財政政策」と題してご講義頂きました。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策で、経済状況は日々深刻さを増しており、菅政権にとっても厳しい政権運営の原因となっています。

原田先生には、こうした状況をふまえ、今後菅政権が取り組み得る経済財政政策をお聞きしました。

会員の皆様へは、情勢分析研究会の議事要旨を改めてメルマガにてお届け致します。

 

新年1月3日、チャンネルくららでは原田泰先生と村上尚己先生をお招きし、江崎道朗研究員、倉山満所長とともに新型コロナウイルス感染症への政権の対応と、第3次補正予算についてお話を伺っています。ぜひあわせてご覧下さい。

コロナ対応と3次補正予算を考える 原田泰 村上尚己 江崎道朗 倉山満【救国シンクタンク】

コロナ対応と3次補正予算を考える 原田泰 村上尚己 江崎道朗 倉山満【救国シンクタンク】
令和2年第3次補正予算

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました