倉山満所長より、来年に向けてのご挨拶

投稿記事

本年は、救国シンクタンク設立から多くの皆様にお支え頂き、誠にありがとうございました。

本日は、本年令和2年最後のメールマガジンの配信です。

会員の皆様へ、倉山満所長よりご挨拶をお届けしております。

一年の締めくくりとして倉山所長がシンクタンク設立を振り返り、改めて救国への決意と来年に向けての抱負を皆様へお伝え致しました。

救国シンクタンクは「民間の力を高め、日本を強い国にしよう」という理念のもと、引き続き活動して参ります。皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

令和3年のメールマガジン配信は、1月5日の研究会開催速報よりお届け致します。

当日は、情勢分析研究会の外部講師として高崎経済大学の佐藤綾野教授をお招きし、農業分野の規制についてお話を伺う予定です。

研究会に先立ち、チャンネルくららでも日本の農業がまるで社会主義の仕組みになっている実態をお話し頂きました。ぜひご覧ください。

規制改革が農業を救う 高崎経済大学教授 佐藤綾野 渡瀬裕哉 倉山満【チャンネルくらら】

規制改革が農業を救う 高崎経済大学教授 佐藤綾野 渡瀬裕哉 倉山満【チャンネルくらら】

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました