第37回研究会を開催しました

投稿記事

本日のメールマガジンは、研究会開催速報をお送り致しました。

本日は、第37回研究会で定例の活動報告、今後の予定の共有を行ったほか、渡瀬裕哉研究員が「規制総量改革の現状と課題について」というテーマで研究発表を行いました。

渡瀬研究員は、アメリカのドナルド・トランプ大統領が導入した「2対1ルール」にいち早く注目し、広く紹介してきました。救国シンクタンクでは、減税と規制改革についての研究を進めています。

今回の研究発表は中間報告でしたが、アメリカ、イギリスで実施されている、規制の費用(コスト)と便益(ベネフィット)を数値化する仕組みの調査とまとめの発表を受けて、日本の規制改革でまず必要な問題点を明らかにする内容です。研究員のディスカッションでも「これは素晴らしい!」と、熱のこもった議論となりました。

今回の研究発表は、救国シンクタンクメールマガジンでも、渡瀬研究員が解説を発信する予定です。

研究会後のご報告動画で、ぜひ概要をご覧ください。

規制改革にグリーンブックの導入を!渡瀬裕哉 江崎道朗 倉山満【救国シンクタンク】

規制改革にグリーンブックの導入を!渡瀬裕哉 江崎道朗 倉山満【救国シンクタンク】
令和2年自由民権大演説会・減税祭-Japan-US Innovation Summit 2020 -2020/12/13 (日)10:00 - 18:00 JST 品川インターシティホール ★救国シンクタンク 運営協力はこちらからお願いします。

 

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

 

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました