救国シンクタンク注目ニュース 2020/9/22~9/28

投稿記事

本日のメールマガジンは、9月22日~9月28日の「救国シンクタンク注目ニュース」を配信しました。
今回のメルマガでは全18個のニュースに注目し、コメントを付しています。

【9月22日~9月28日の注目ニュースより一部抜粋】
★首相補佐官に共同通信論説委員の柿崎明二氏検討(26日)
★自治体DXへ予算5倍 総務省、21年度に38億円(25日)
★トランプ大統領 連邦最高裁判事に保守派 バレット氏を指名(27日)

本日は米大統領選の第1回テレビ討論会が行われました。
本日の討論でバイデン氏の健康不安は払拭され、直接討論によるトランプ大統領の逆転は難しくなったのではないか?というのが渡瀬研究員の見立てです。
大詰めを迎えた大統領選についても引き続き最新の分析をお届けして参ります。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。
救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました