【倉山満メルマガ】検察庁法改正について

投稿記事

本日配信のメールマガジンは、倉山満所長による「検察庁法改正について」を配信しました。

今週、政府が検察官の定年規定を改める検察庁法改正案について、来年の通常国会に再提出する方向で検討に入ったとの報道がありました。
安倍政権下では、黒川弘務東京高検検事長(当時)の定年延長問題と関連して反対の輿論が拡大し、同改正案が廃案に追い込まれたことはまだ記憶に新しいところです。

再提出される改正案の詳細はまだ明らかではありませんが、本日のメルマガでは前提として検察庁法改正をどう考えるべきか倉山所長が解説しております。
是非お読みください。
ご入会後、会員ページより、配信済みのメールマガジンもお読み頂けます。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました