【倉山満メルマガ】帝国憲法、昭和期の運用の誤り

投稿記事

本日配信のメールマガジンは、倉山満所長による「緊急事態条項について」の第4回です。
今回のテーマは「昭和期の運用の誤り」です。

前回解説したとおり、大日本帝国憲法は有事を想定した憲法でした。しかし、昭和になってその運用を誤り、日本は敗戦によって焦土となります。
今回は、その昭和期の運用の誤りの背景と過程を「政治の問題」として倉山所長が解説します。

また、また本日は、添付資料として安倍総理が辞職を表明した8月28日から31日午後7時までの政界の動きを時系列でまとめた資料を添付しました。次期自民党総裁選出に向けた状況の把握にご活用ください。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。
新たにご入会された方、今後ご入会される方は是非7月30日配信の連載第1回からお読みください。
救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

文責:事務局

―――

現在、第1回公開研究会の参加者募集中です。

第1回公開研究会 参加者募集を開始!
https://kyuukoku.com/20200819/1123/

参加をご検討の方はお早めのお申込みをお願いします。

救国シンクタンク第1回公開研究会

日時:10月17日(土)14時開始 16時終了予定

会場:東京・星稜会館(東京都千代田区永田町2丁目16−2)

会費:無料(会員限定)

タイトルとURLをコピーしました