【江崎道朗メルマガ】安倍総理辞任表明 我々は何を考えるべきか

投稿記事

本日のメールマガジンは、江崎道朗研究員による【「自主独立のための選択肢」No.9 安倍総理辞任表明】を配信しました。

8月28日、安倍総理が辞任を表明し、日本の憲政史上最長となる7年8か月続いた第2次安倍政権に幕が引かれることとなりました。

今回のメルマガでは、江崎研究員が第二次安倍政権の成立過程と健全野党の役割を振り返りつつ、第二次安倍政権の実績とやり残したこと、そして次の政権が取り組むべき課題を解説しました。

マスコミの報道では、「ポスト安倍は誰か」という視点の報道ばかりが目につきますが、救国シンクタンクでは、「次の政権が何をするのか」、そして「有権者たる我々は、何をさせたいのか」を重視して活動して参ります。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンをいつでもお読み頂けます。
救国シンクタンクにご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました