救国シンクタンク注目ニュース 7/21~7/26

投稿記事

本日のメールマガジンは、7月21日~26日の「救国シンクタンク注目ニュース」を配信しました。
今回のメルマガでは全13個のニュースに注目し、コメントを付しています。

【7月21日~7月26日の注目ニュースより一部抜粋】
★環境省の中井次官、就任会見で炭素税の必要性強調(22日)
★米政府がヒューストンにある中国総領事館を24日までに閉鎖するよう通告(22日)
★米海兵隊、27年までに「新ミサイル部隊」 対中国、沖縄に展開(23日)

中井環境次官の炭素税についての発言は、7/25配信のメルマガ、江崎道朗研究員の「自主独立のための選択肢」No.4で詳しく解説しております。

また、米中の対立を必要以上に煽る議論には注意が必要であり、救国シンクタンクでは冷静な分析に努めています。

救国シンクタンクの理念に賛同し、活動にご協力いただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。

ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンはいつでもお読み頂けます。

文責:事務局

タイトルとURLをコピーしました