【江崎道朗メルマガ】「自主独立のための選択肢」No.2 トランプ政権の「中国に対する米国の戦略的アプローチ」を読み解く

投稿記事

江崎道朗研究員のメルマガでは、毎回「なぜ民間シンクタンクが重要なのか」という観点から、大切な政治課題について解説しています。

第2回は、「トランプ政権の新しい対中戦略」についてです。

日本のマスコミでは、このニュースを「米国 中国への圧力強化も辞さず」と紹介するのみですが、実は過去数十年間の米国の対中戦略を大きく変えようとする、非常に重要なメッセージが込められています。

こうした政府からの報告書を、マスコミや官僚任せでなく、私達のような民間シンクタンクで時間をかけ分析をしなければならない理由もお伝えしています。

救国シンクタンクにご協力をいただけます方は、運営協力よりご入会の手続きをお願いいたします。
※ご入会後、会員ページより、過去のメールマガジンをいつでもお読み頂けます。

(文責:事務局)

タイトルとURLをコピーしました